ウォーターサーバー 海外のウォーターサーバーって?

海外のウォーターサーバー事情
みなさんのイメージでも、外国の水は飲みづらく、飲料水には向いていないというのがあると思います。実際に、外国の飲料水はほぼミネラルウォーターです。
更に、外国の水道水は硬水が多いと聞きます。
軟水だと、ミネラルが豊富に含まれ過ぎていて、おなかを壊しやすいそうです。日本とは逆の環境になっています。
日本では、ミネラルウォーターが飲み物の中で一番安く売られているため、ミネラルウォーターは安いというイメージがある方が多いと思いますが、フランスなどの国に行くと、ミネラルウォーターよりも、ワインなどの方が安く売られていたりしています。
そのため、ウォーターサーバーもアメリカでは普及率50%ぐらいだったり、水事情の悪い欧米諸国ではほとんどの一般家庭にウォーターサーバーがあります。
ヨーロッパでは、石灰石の地層が多く、地下水などは白く濁った水のため、飲料水に適さないのが大きな原因です。
一般家庭以外では、ホテルや施設に設置されていて、一部屋に一台あるほどです。
高齢化が進む都市部では、ビルやマンションの給水環境の悪化もウォーターサーバーの普及に拍車をかけています。

最近では
日本の水が、東日本大震災の影響で、放射能の心配をする方が増えてきたために、日本のウォーターサーバーに外国のウォーターを使用することも増えてきたそうです。それに影響され、外国でも健康意識が高まってきています。
外国のウォーターで、今注目されているのは、溶岩石を通り自然にろ過された海抜200mに蓄えられた地下深層水を、徹底的にろ過して不純物などを取り除いた純粋にして、紫外線・オゾン殺菌された水に仕上がっているウォーターです。