ウォーターサーバーガイド 「運動前・運動中の水分補給で脱水を防ぎましょう」

カラダを動かすと汗が出るのは、汗が蒸発するときにカラダの熱を奪い、体温が上がりすぎるのを防ぐためです。
暑い時期にはげしい運動をすると、一時間に2ℓもの汗をかくことがあります。充分に水分を補給しないと脱水をまねき、めまいや吐きけなどの症状が現れます。これが熱中症です。ひどくなると体温が異常に高くなり、命にかかわることもあります。
高温や高湿度の環境での運動も熱中症の危険があります。無理をしないことはもちろん、運動中は必ず水分補給をしましょう。

運動時の水分補給ポイント
運動前・・・気温や湿度が高く、多量の発汗が予想されるときは、運動開始の30分~1時間前に200~300mlの水分を摂りましょう。
運動中・・・15~20分おきに200~300mlの水分を摂る。水泳など水中での運動も、水温や運動強度によっては水分補給が必要です。
大量の発汗時・・・水分だけでなくナトリウムなどのミネラルも失われます。スポーツドリンクを薄め、食塩をひとつまみ加えて飲むと良いです。