タグ別アーカイブ: エコバッグ

ウォーターサーバー デメリットもあります

デメリット
【問題点】
一見、良いことばかりにしか見えないウォーターサーバーですが、もちろんそんな事はなく、いくつかデメリットもあるので紹介していこうと思います。
新しい水(ボトル・エコバッグ)に交換するまで同じ場所にずっとあるわけですから、衛生面的な問題が少し気になります。
ストック水(ボトル・エコバッグ)は直射日光を避ける場所に保管しておくのが望ましいです。ウォーターサーバー(機械)は、ずっと同じものを基本的に使用していくため、冷水や温水が出てくるコック付近などはこまめに掃除をしたほうが衛生的に保つようにしてください。機械だけならともかく宅配されてきた時のウォーターの空ボトル・段ボールを捨てるまでの間、置いておく場所なども必要になってきます。ウォーターは自宅まで運んでもらえますが、ボトルやエコバッグの交換は自分になります。物によって重さは異なりますが、12リットルいわゆる12キロのボトルを持ち上げたりするのは、力の弱い女性やご高齢の方には少々大変かもしれません。エコバッグは約半分の重さです。
12リットルボトルによく使用されているポリカーポネイト樹脂というのは、環境問題が懸念されている物質になります。その点では、エコバッグ(千里の命水)は安心です。

フレール『千里の命水』5つのこだわり〜利便性

利便性へのこだわり

新素材エコバッグは使い切りなので、常に新品で清潔です。使用後は小さく丸めて捨ててください。「エコバッグ」は1バックわずか6.2ℓですので、子供から高齢者の方まで簡単にセットすることができます。                                                                      お届け周期は、毎週、2週ごと、3週ごと、1ヶ月ごとの4種類からお選びいただけます。
お届けする曜日は、購入申し込み時に初回のお届け日を決めていただきますが、その日の曜日を基準にご指定周期でお届けします。

フレール『千里の命水』5つのこだわり〜安全性

安全水へのこだわり

長年にわたり磨かれた深層天然水をアメリカNASAが採用した高度浄水処理技術でろ過を重ね不純物を99%以上取り除き、非加熱処理にてオゾンを注入し完全無菌状態を構成しています。
【オリジナル特殊エコバッグの特性】
合成樹脂特有の臭いや味が水に転移することはなく、充填前と充填後の味に変化がない超特殊水袋(エコバッグ)です。食品衛生法に定められている容器包装試験の基準に適合したオリジナルフィルム。                                                                          【真空エアレス構造の特性】                            ウォーターエコバッグ内はもちろんコールドタンク・ホットタンク内も真空になる構造ですので、サーバ内の水が直接外気に触れることがありません。よって、水の劣化・腐敗を防ぎ、気になる外気の臭いもシャットアウトします。