タグ別アーカイブ: フレール

ミネラルウォーターとは

今やミネラルウォーター市場は、コンビニやスーパーでも主力販売商品になってきています。逆に種類が多すぎて購入するときに迷ってしまうのが実情です。パッと一目見て分かる差といえば、採水地名をブランドにしているケースが多く、その美しい自然環境の中で採水された天然水だから、清浄でおいしいと思い選ぶ人が多いようです。

自然の水循環の中で、ミネラルウォーターがどのようにしてできるのだろうか?地上に降った雨水は、地中に浸み込んで地層中のすき間を満たして存在していますが、浸透する過程で土壌が水に含まれている不純物や汚れをろ過し、土壌中の微生物が有機物などを分解します。こうしてきれいになりながら水は地下深く浸透し、帯水層でも地下水はゆっくりと流れ、そこで地層のミネラル分を溶かし込んで、ミネラルウォーターになっていきます。

フレール 「千里の命水」 地下270m 深層水 http://www.flair-water.jp

日本とヨーロッパの水事情

フランスでは、水道の水を直接飲む人は少なく、飲料水としては若干厳しいとよく聞きます。ところが「所変われば水変わる」で、日本やアメリカでは、水道水イコール飲料水と考えられています。特に日本の水道は、水源となる川や湖の水質がよく、世界中でも「安全でおいしい」という評価が高かった。ところが最近では、飲み水として利用している水道水の割合が低下してきています。平成10年に(今から15年程前)当時の国土庁が調査された結果では、「水道水をそのまま」・・・41%、浄「水器を通した水」・・・20%、「水道水を煮沸した水」・・・17%、「ペットボトルの水」・・・13%、その後、厚生労働省、内閣府、新聞社などの調査も行われ、年々水道水を飲む人の割合は低下し続けています。

安心・安全ウォーター フレール 『千里の命水』 http://www.flair-water.jp

ウォーターサーバー お水の特性を知りましょう

水の特性を生かして使い分けましょう。

飲料にはさまざまなものがあります。どんなものでも一日に1.5~2ℓ飲んでいれば、水分摂取は充分と言えます。しかし、ジュースなど甘いものばかりでは、糖分もいっしょに大量に摂取することになってしまいます。また、カフェイン入りの飲料は利尿作用があるため、排出される量も増えますので、そればかりを飲んでいては水分補給は充分とはいえません。
もっとも強い利尿作用をもつのが、アルコールです。酒類は飲めば飲むほどトイレが近くなり、飲んだぶん以上に水分を排出させてしまいます。水分補給という点では、役に立ちません。
そこでやはり安心・安全なのは水そのものによる補給です。そして美味しければ最高です。酸素たっぷりのフレール「千里の命水」をぜひご賞味ください。

(追伸)
サウナやお風呂上がり時に突然、炭酸系の飲料が欲しくなるときがあります。私だけでしょうか?
炭酸水をご紹介します。
ミネラルウォーターの一種で、炭酸ガスが溶け込んだ発泡水です。天然のものと、あとから人工的に炭酸ガスを充填したものがあります。
炭酸水には、疲れのもとになる血液中の乳酸を中和する働きがあると言われています。また、炭酸ガスによって血液中の二酸化炭素濃度が一時的に上昇するため、カラダが酸素供給をさかんにしようとして血流が増すという効果もあり、冷え性の改善も期待できます。

善玉コレステロールを増やしましょう

コレステロールや中性脂肪の数値を下げるには、ウォーキングで内臓脂肪を燃焼させるのがベストです。継続して30分以上歩いたほうが効果的ですので、普段の心拍数をよくよくチェックしておいて軽度の「ラク」と感じる速さで歩くと善玉コレステロールが増えます。

なるべくたくさん歩いて内臓脂肪を燃焼させ、余分なコレステロールや中性脂肪を消費しましょう。また、内臓脂肪が減ると、体内の酵素の働きがよくなり、善玉コレステロールの合成が促されてきます。酸素を多く含んだフレール「千里の名水」を

◎「ラク」な速さで歩く
 脂肪燃焼を促すには、充分な酸素が必要です。息切れしたり、呼吸が苦しくならない「ラク」と感じる速さで歩きましょう。

◎歩いて善玉コレステロールを増やそう
 血液中のコレステロールには、血中の余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す善玉コレステロールもあります。コレステロールが多ければ、動脈硬化の進行を抑えることができますので、高脂血症の方はコレステロールを増やすことも大切です。
コレステロールを増やすには、効率よく内臓脂肪を燃焼させるために、30分~1時間程度歩き続けるのが望ましいと言われています。ただ、運動習慣がない人がいきなり1時間歩くのはカラダへの負担が大きすぎるので、慣れるまでは最低30分を目標にし、徐々に時間を延長していってください。

 

ウォーターサーバー 日本のウォーターサーバー事情

日本国のウォーターサーバー事情
現在、国内で流通しているウォーターサーバーは、意外と思われますが、韓国製のものがほとんどです。きっかけになったのが大手商社のFC展開です。弊社も当初は大手商社の指導により使用していました。今でこそ、日本の品質規格を満たす韓国製品ですが、当初の品質は使用している材料の材質や耐久性、故障品等大変苦難しました。しかしながらまだまだ粗悪品が流通されているのは否めません。
現在日本製サーバーを使用している企業はごく稀で、アルテッセ(フレール)・サントリーぐらいでしょうか。