タグ別アーカイブ: 子育て

世界と日本のミネラルウォーター〜赤ちゃんが一番影響を受ける水の成分とは?〜

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時、毎日500ミリリットルの羊水を飲んでいます。
赤ちゃんとお水の関係は、生まれた赤ちゃんに与えるお水を考える前に、妊婦さんが飲むお水に気を使う所から始まります。
消化器官が未発達な新生児は、ビタミンやミネラルが多く含まれたお水を上手く消化する事ができません。
したがって、真水に近い軟水を飲ませる事が赤ちゃんの健康に繋がります。

お客様の声シリーズ:お子様から(2)

大人よりも子供のほうが敏感なのかもしれない、というお便りもたくさんあります。たくさんありますので、2日に分けてご紹介します。

・ペットボトルの水と並べていたら、サーバーからばかり飲んでいます。「こっちのほうがいい」そうです。

・ジュースは喉が渇く、と言い出しました。どこかで聞いたことをそのまま言ってるのだろうと思ったら、「お母さん、水の甘さで十分だよ」と言うのです。フレールの「千里の命水」は、甘いそうです。

いかがでしたか?虫歯や肥満ということを考えたら、お母さん方にはうれしいことかもしれませんね!

お客様の声シリーズ:お子様から(1)

大人よりも子供のほうが敏感なのかもしれない、というお便りもたくさんあります。たくさんありますので、2日に分けてご紹介します。

・すっかりジュースを飲まなくなりました。

・朝ごはんも、パンとフレールです。

・主に冷水を使っているのに、突然急須に熱湯を注ぐようになり、わけを聞いたところ「水だけでおいしいから、お茶やったらもっとおいしいんとちゃうかと思った」と。実際、おいしいそうです。親はそこまでの違いはわかりませんが、子供があまりに言うのでもう一年継続することにしました。