タグ別アーカイブ: 有効な解毒法

ウォーターサーバーガイド 「充分な水分摂取で排出を促し、体内の解毒・浄化を」

老廃物を体内から出すという意味でも、水分摂取は大切です。水を飲む量が少ないと、カラダは排出する水分量を抑えようとします。そのため尿量が減り、尿が濃くなります。尿中には有害な老廃物が含まれていることもあるので、尿が膀胱内にとどまっている時間が長くなればなるほど、膀胱粘膜は有害物質にさらされ、膀胱炎や膀胱がんが発生するおそれが高くなります。また、水分の摂取量が少ないと、腸管内での水分の再吸収が活発になり、便がかたくなっていきます。かたい便は排出しにくく、便秘の原因となります。また、便秘で有害物質を含む便が長時間、腸内にとどまると、大腸がんが発生するリスクを高めることにもなります。
こうした事態を避けるためにも、充分な水分摂取が欠かせません。カラダの中に有害物質がたまらないように、たっぷり水を飲んで尿や便の量を増やしていきましょう。老廃物の一つ、尿酸がたまって起こる痛風も、水分を充分に摂って尿酸の排出を促すことで発症を予防できます。

水を飲めば体脂肪の燃焼効果も高まります。
生活習慣病の予防・改善に、余分な体脂肪を減らしたいと考えている人も多いでしょう。そのためにも、水をたっぷり飲むことが有効であることがわかってきました。
水を飲むだけでもエネルギーを消費します。エネルギーは脂肪を燃やしてつくられます。有酸素運動の前後に水を飲めば、脱水の予防になるだけでなく、体脂肪を燃やす効果を高めることもできます。

解毒の基本はなんといっても水を飲むことです

数ある解毒法の中で、基本中の基本と言えるのが、「水を飲む」です。すべての細胞で、水とともに代謝が行われるので、水不足は「毒出し」と「毒消し」、両方の働きを鈍らせてしまいます。「水を飲む」ことで代謝がスムーズになり、全身の細胞一つひとつがくまなく解毒されるようになります。しかも、汗や尿の排出を活発にして、解毒のスピードを速めることはもちろん、ほかの解毒法を実行するに当たっても、大切な要素となります。例えば、解毒サプリメントを活用する場合、体脂肪からつまみ出された有害金属は、尿や汗などに溶け出しますが、体内に十分な水分が補給されていないと、うまく体の外に排出することができません。尿から有害金属を排出するには、尿の濃度を薄く保つことが大切です。水分が不足して尿の濃度が高まると、有害金属が溶けきれずに残ってしまいます。水分が足りなければ便も硬くなり、毒は便から出にくくなります。せっかく苦労して解毒法を実行しても、十分な効果が得られにくくなります。解毒のために水をとるコツは、のどが渇く前に、意識して飲むことが大事です。「1日 1~1.5ℓの水を、こまめにとる習慣をおすすめします」