タグ別アーカイブ: 深層水

フランスとキューバ生まれた海洋深層水

ミネラルウォーターの宣伝でよく聞く「海洋深層水」というフレーズですが、海洋深層水とは水質汚染の少ない深海で眠っている無機栄養園が多く含まれているお水のことです。

陸や大気にさらされず温度の変化も少ないことから、人体の健康に有益なお水として飲料水や食品に利用されています。

海洋深層水が世界で初めて採取されたのは1920年台で、フランス人科学者がキューバで実験を行った際に発見されたと言われております。

ミネラルウォーターとは

今やミネラルウォーター市場は、コンビニやスーパーでも主力販売商品になってきています。逆に種類が多すぎて購入するときに迷ってしまうのが実情です。パッと一目見て分かる差といえば、採水地名をブランドにしているケースが多く、その美しい自然環境の中で採水された天然水だから、清浄でおいしいと思い選ぶ人が多いようです。

自然の水循環の中で、ミネラルウォーターがどのようにしてできるのだろうか?地上に降った雨水は、地中に浸み込んで地層中のすき間を満たして存在していますが、浸透する過程で土壌が水に含まれている不純物や汚れをろ過し、土壌中の微生物が有機物などを分解します。こうしてきれいになりながら水は地下深く浸透し、帯水層でも地下水はゆっくりと流れ、そこで地層のミネラル分を溶かし込んで、ミネラルウォーターになっていきます。

フレール 「千里の命水」 地下270m 深層水 http://www.flair-water.jp

ウォーターサーバー 海外のウォーターサーバーって?

海外のウォーターサーバー事情
みなさんのイメージでも、外国の水は飲みづらく、飲料水には向いていないというのがあると思います。実際に、外国の飲料水はほぼミネラルウォーターです。
更に、外国の水道水は硬水が多いと聞きます。
軟水だと、ミネラルが豊富に含まれ過ぎていて、おなかを壊しやすいそうです。日本とは逆の環境になっています。
日本では、ミネラルウォーターが飲み物の中で一番安く売られているため、ミネラルウォーターは安いというイメージがある方が多いと思いますが、フランスなどの国に行くと、ミネラルウォーターよりも、ワインなどの方が安く売られていたりしています。
そのため、ウォーターサーバーもアメリカでは普及率50%ぐらいだったり、水事情の悪い欧米諸国ではほとんどの一般家庭にウォーターサーバーがあります。
ヨーロッパでは、石灰石の地層が多く、地下水などは白く濁った水のため、飲料水に適さないのが大きな原因です。
一般家庭以外では、ホテルや施設に設置されていて、一部屋に一台あるほどです。
高齢化が進む都市部では、ビルやマンションの給水環境の悪化もウォーターサーバーの普及に拍車をかけています。

最近では
日本の水が、東日本大震災の影響で、放射能の心配をする方が増えてきたために、日本のウォーターサーバーに外国のウォーターを使用することも増えてきたそうです。それに影響され、外国でも健康意識が高まってきています。
外国のウォーターで、今注目されているのは、溶岩石を通り自然にろ過された海抜200mに蓄えられた地下深層水を、徹底的にろ過して不純物などを取り除いた純粋にして、紫外線・オゾン殺菌された水に仕上がっているウォーターです。

ウォーターサーバー メリットリスト

メリット1
水道水や浄水器などと比べた時のメリットをご説明していきます。
健康に良いウォーターを冷水はもちろん、お湯でも利用できること。
東日本の大震災をきっかけに放射能の問題が出てきて、小さいお子さんがいる方は悩みの種だとは思いますが、ウォーターサーバーなら安心して赤ちゃんのミルクを作れますし、夜中の眠い時に、わざわざお湯を沸かす必要もないので、気軽にご利用できます。
そして、突然お客さんが自宅に訪ねてきた時も、お待たせする事なく、美味しいお茶やコーヒー、水割り、もちろん料理にも利用できるのがいいですよね。

メリット2
女性の方は便秘でお悩みの方も多いと思います。
ウォーターサーバーのウォーターは、軟水を使っています。
軟水は、胃腸の働きを正常化させる効果があるため、便秘の方には効果的です。
便秘以外にも様々な効果を体に与えてくれるので、水道水とは違い、飲むだけで体が健康的に変身していきます。
さらに、天然千里深層水(地下270M)の汲み出したウォーターのため、まろやかで美味しく健康ブームの今には嬉しいことばかりです。

メリット3
自宅まで希望日時に送りますので、コンビニやスーパーで購入した時みたいに、重いものを自宅まで運ばなくて済むので、力の弱い女性やご高齢の方には便利です。