タグ別アーカイブ: 脳梗塞

ウォーターサーバーガイド 就寝前後の『宝水』が命を守る

血栓が脳の血管に詰まると脳梗塞に、心臓の血管に詰まると心筋梗塞に陥ります。血栓による梗塞の発症は、早朝から正午までに多いことが知られています。その原因の一つに、脱水が関係しています。睡眠中は水分を摂取できない上、睡眠中に汗や呼吸で水分が失われ、血液が濃縮し血栓ができやすいためだと考えられています。夜中にトイレに行くのが辛いからといって、夕食後に水分を口にしない人も少なくないようです。しかし、これは危険な習慣です。むしろ、枕元にはつねに水を用意して、いつでもすぐに水分を摂れるようにしておくことも大事です。

就寝の二時間ほど前にコップ一杯、就寝直前には少なめに一杯、トイレで起きたらまた一杯、起床直後にも目覚めの一杯と、こまめに水分を補給する習慣をつけましょう。枕元に置く水は「宝水」といわれます。就寝中の脱水を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果があるからです。

血栓予防には、季節ごとの注意点も守りましょう。特に夏は脳梗塞が多発します。汗を大量にかき、水分が失われやすいため、血栓ができやすくなります。エアコンの効いた涼しい室内にいて汗をかいていない時でも、カラダの水分は失われています。また、冬は空気の乾燥や暖房によって水分が失われやすくなります。のどの渇きを感じなくても、水分補給を忘れないよう心がけましょう。