TOP > エブリィフレシャス・every frecious mini

エブリィフレシャス・every frecious mini

徹底解剖 エブリィフレシャス・every frecious mini

every freciousは、宅配水ウォーターサーバーメーカーで人気のfreciousから誕生した、浄水型サーバーです。

今回は卓上型タイプのevery frecious miniを実際に利用してみた感想や気になるポイント、特徴などをご紹介していきます。

every frecious miniのデザイン

every frecious miniのデザイン

every frecious miniは幅25cm、高さ47cmの非常にコンパクトなサイズです。

キッチンやリビング、お部屋のちょっとしたスペースに設置できるサイズ感なので、お部屋に置くスペースが限られている方や場所を取りたくない方におすすめです。

カラーはホワイトとブラックの2色展開で、マットな質感が高級感を与えます。シンプルながらもスタイリッシュなデザインなので、インテリアとしても楽しめますね。

every frecious miniの特徴

操作パネル

every frecious miniの操作パネル

操作パネルはボタン式です。

冷水・温水のほか、ECOモードもこちらで操作します。

 

背面スイッチ

every frecious miniの背面スイッチ

背面には、下記のスイッチがあります。

  • ・SLEEPスイッチ:SLEEPセンサーのON/OFF
  • ・HOTスイッチ:温水タンクのヒーターをON/OFF
  • ・COLDスイッチ:冷水タンクの冷却をON/OFF

 

貯水タンク

every frecious miniの貯水タンク

貯水タンクは、水の交換時やお手入れ時に取り外しが可能です。

通常のサーバーは水道水が入ったタンクを持ち運びするのは重たくて大変なので、コンパクトサイズだからこそできるメリットです。

 

注水口

every frecious miniの注水口

注水口は冷水・温水とも共通しています。キャップは取り外せるので、お手入れも簡単です。

 

水受けトレイ

every frecious miniの水受けトレイ

こちらも取り外し可能です。出水口までの高さがあまりないので、水筒などを置いたまま注水するのは難しいかもしれません。

every frecious miniのフィルターセット方法

every frecious miniのフィルターセット方法01

every frecious miniでは最初にフィルターカートリッジをセットする必要があります。

実際にセットしてみました。

every frecious miniのフィルターセット方法02

貯水タンクを取り外したら、カートリッジを差込口にセットします。

every frecious miniのフィルターセット方法03

貯水タンクを戻したら、水を注いで完了です。

every frecious miniの機能

冷水

every frecious miniの冷水機能

冷水は「COLD」ボタンを押し続けることで出水し、ボタンを離すと1秒ほどで止まります。

初期状態ではチャイルドロックがかかっていませんが、鍵マークのボタンを長押ししたまま、ランプ点灯後にCOLDボタンを2秒間長押しすることでセットされます。

お子さんがいるご家庭など、必要に応じて利用しましょう。

 

温水

every frecious miniの温水機能

温水はまず、鍵マークを2秒間長押ししてロックを解除します。

「UNLOCK」が点灯中に「HOT」ボタンを押し続けることで出水し、ボタンを離すと1秒ほどで止まります。

 

省エネ機能

every frecious miniの省エネ機能

省エネ機能には、「COLD ECOモード」「HOT ECOモード」の2つがあります。

  • ・COLD ECOモード:冷水温度を15℃前後まで上げて、消費電力を抑える
  • ・HOT ECOモード:温水温度を70℃前後まで下げて、消費電力を抑える

それぞれ「COLD ECO」もしくは「HOT ECO」のボタンを押すことで設定完了です。

日中家にいない時間帯や就寝中などに利用すれば、電気代を節約しながら利用できます。

 

SLEEP機能

every frecious miniのSLEEP機能

SLEEP機能とは、部屋が暗くなるとセンサーが自動で温水の加熱を止めて、消費電力を抑える機能です。

背面の「HOTスイッチ」をONにした状態で、「SLEEPスイッチ」をONにすることで設定完了です。稼働中はHOTランプが緑色に点灯します。

お部屋が明るくなった直後は、温水温度がまだ低い状態なので注意しましょう。

every frecious miniの気になったポイント

エブリィフレシャスは注水の際にボタンを押し続ける必要があり、手を離しても直後に止まるわけではありません。

コップに注ぐだけであれば不便はないですが、炊飯器やお鍋、水筒など容量が多いものに注ぐときはボタンを押し続けるのが手間に感じそうです。また、ギリギリでボタンを離すと溢れてしまう可能性があるので注意してください。

コンパクトな分容量も小さいので、給水の頻度は他のサーバーよりも多くなるでしょう。一日にたくさん水を飲んだり、料理にもたくさん使ったりするご家庭には床置き型の「tall」の方が向いているかもしれません。

every frecious miniを使用してみて

浄水型サーバーで卓上タイプは他社にもほとんどないので、キッチンカウンターやテーブルの上に置いて使いたい方や消費量の少ない一人暮らしの方にもおすすめできます。

見た目もスタイリッシュでおしゃれなので、お部屋のインテリアにこだわりのある方でも満足できるはずです。

また、サーバー内部に搭載されているクリーン機能は、殺菌効果のある光を照射するUV機能です。従来の加熱式クリーン機能は作動音が大きいことがデメリットでしたが、エブリィフレシャスなら寝室に置いても気にならないレベルでしょう。

ECO機能で電気代を約410円~まで抑えられるので、費用をできるだけ抑えたい方にもおすすめです。

every frecious miniの画像一覧

※クリックで拡大できます

every frecious miniの仕様

カラー マットホワイト、マットブラック
サイズ 高さ47cm × 幅25cm ×奥行き29.5cm
重量 約7.3kg
水温・湯温 冷水:5~10℃(ECO使用時:約10~15℃) / 温水:80~85℃(ECO使用時:約70~75℃)
タンク容量 冷水タンク:0.8L / 温水タンク:0.9L
1ヶ月の電気代 約410円~
機能 常温出水
万能取水スぺース -
停電時の出水 -
加熱機能 -
UV機能
チャイルドロック ◯(冷水・温水)

 

【every frecious(エブリィフレシャス)】

総合評価
3.89
(口コミ:5
【every frecious(エブリィフレシャス)】のサーバー
月額費用※ 3,300円+水道代
サーバーレンタル料 3,300円

※レンタル料+水道代=月額費用。その他の料金は含まず。

プライバシーマーク
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP