月別アーカイブ: 2013年9月

日本の水事情 「美味しくて安全な水を求めて」

人が一生涯に補給する水分は80トンと言われています。
生物に最も大切な水!
生物が生きるために不可欠な水。命を繋いでいくために必要な水。人の体の主成分のほとんどが水で形成されています。毎日の飲み水には気を使いたいものです。
しかし、悲しい現実ですが、自然界にある水や名水と呼ばれる水、ミネラルウォ-ターなどには希に有害ミネラルが含まれていることもあります。田畑を病害虫から守るために使用されている農薬。これが土壌を汚染し、地下水や名水へ溶け込みます。
近代、都市化が進み、産業が発達し、便利で豊かな生活の裏で、自然破壊や様々な汚染が問題になっています。それは余りにも身近にあり、知っているようで知らない現実がたくさんあります。

一昔前、水は水道から直に飲めたり使用できるものでした。学校にも水飲み場というものがありました。ところが最近は家から水筒を持参しているご家庭が急増しています。日本の水質基準は、浄水場での数値であり、そこから配管を通り自宅の水道管を通り蛇口を経て流れ出てきます。実際、人々が使用するその場所の基準値では無いという現実があります。

アメリカでは、水質基準は各家庭の水道から流れ出る水が検査されます。それはそこに至るまでの汚染の現実が分かっているからです。地震国の日本では配管がずれたり折れたりしないように、内部に鉛を使用した水道管もあります。

源水は天然水で環境汚染物質を除去した「美味しい水」を追求

http://www.flair-water.jp