日本の水の歴史〜時間の基準は日本の湖にあった!〜

2012年、日本の「水」が世界基準の時間の単位に決まりました。水と時間と言われてもピンとこないと思いますが、
福井県水月湖の年縞に解き明かすヒントがあります。

まず、年縞とは湖の底の堆積層を指します。
流れのない湖では四季を通して一定の層が形成されます。
それを観察することにより年代が判断できます。

水月湖の年縞は数万年にまたがっており世界でも希少性が評価されて、この日本一深い湖が時間の基準となりました。